長門川水道企業団

--

問い合わせ先

長門川水道企業団

TEL 0476-33-7718

FAX 0476-80-0760

休日・夜間(前新田浄水場)

TEL 0476-95-4309

お知らせページへ

長門川水道企業団の平成22年予算が決まりました。

前新田浄水場

予算の概要

1. 料金関係業務を民間委託

平成22年度から平成24年度までの3年間、栄町下水道課との連携により、料金関係業務を民間

委託します。お客様サービスの向上を図るため栄町役場2階に「上下水道お客様センター」を

開設し、水道料金、下水道使用料の取扱い、各種届出の受付を行います。

上下水道お客様センター」への直通電話80-2700をご利用ください。

2. 浄・配水場施設運転管理業務を3年間で委託

浄配水場施設の運転管理及び修繕・更新業務の民間委託(5ヶ年契約)を終え、平成22年度から
は、浄配水場施設の運転管理を3年間の民間委託で行います。今後も、経営の健全化により
経費節減を図り、住民の皆様に安全でおいしい水を安定して供給できるよう努力します。
その他水道事業についてお知りになりたい方はいつでもお問い合わせください。 電話0476-33-7718まで

*収益的収支(水をお届けするための予算)

 収入は、給水人口、水量の減少により、水道料金については、前年度より0.6%の減少を見込み、補助金も削減されるため、総収益で1.4%の減少となる見込みです。支出は、企業債の繰上償還を実施したことにより支払利息が減少し、受水単価が下がり受水費が減少しましたが、浄配水場機器の修繕を計上したことにより、総費用で0.1%の増が見込まれます。

内  訳 平成22年度 平成21年度 増 減 増減比


給水収益 5億1,905万6千円 5億2,204万2千円 △2,986万円 △0.6%
補助金等 3,806万円 1,870万7千円 △1,490万1千円 △79.7%
その他 1,719万円 722万6千円 996万6千円 137.9%
5億4,005万4千円 5億4,797万5千円 △792万1千円 △1.4%









人件費 6,470万3千円 6,227万5千円 242万8千円 3.9%
事務費 415万3千円 571万2千円 △155万9千円 △27.3%
修繕費 3,444万8千円 1,493万9千円 1,950万9千円 130.6%
受水費 6,570万円 7,190万5千円 △620万5千円 △8.6%
その他 1億4,762万9千円 1億3,188万4千円 1,574万5千円 11.9%
小計 3億1,663万3千円 2億8,671万5千円 2,991万8千円 10.4%
減価償却費 1億4,825万5千円 1億5,592万8千円 △767万3千円 △4.9%
資産減耗費 4万4千円 1,202万2千円 △1,197万8千円 △99.6%
支払利息 4,346万8千円 5,027万6千円 △680万8千円 △14.3%
その他 9,942万円 1,225万6千円 △231万4千円 △18.9%
5億1,834万2千円 5億1,764万7千円 69万5千円 0.1%
収支差引 2,271万2千円 3,032万8千円 △861万6千円 △28.4%
*資本的収支(水道施設をつくるための予算)

 収入は、起債をしないため、43.8%の減となる見込です。支出は、繰上償還により企業債償還金は減少しましたが、老朽管の更新、浄配水場施設の設備更新で、11.3%の増が見込まれます。資本的収支については、前年度同様赤字予算となりますが、赤字の補填は、企業団内部に留保されている資金で補います。

内  訳 平成22年度 平成21年度 増 減 増減比




企業債 0万円 2,500万円 △2,500万円 △100.0%
出資金 2,262万9千円 2,144万2千円 118万7千円 5.5%
国庫補助金 825万円 937万5千円 △112万5千円 △12.0%
その他 479万3千円 764万4千円 △285万1千円 △37.3%
3,567万2千円 6,346万1千円 △2,778万9千円 △43.8%




建設改良費 1億1,948万6千円 8,253万2千円 3,695万4千円 44.8%
企業債償還金 1億7,604万5千円 1億8,314万7千円 △710万2千円 △3.9%
国庫補助金 44万7千円 19万9千円 24万8千円 124.6%
2億9,597万8千円 2億6,587万8千円 3,010万円 11.3%
収支差引 △2億6,030万6千円 △2億241万7千円 △5,788万9千円 28.6%

このページトップへ

--

長門川水道企業団フッタimg

--